よくある質問
   

患者さまの状況によって対策は異なりますので、お子様を設けたい希望がある方はご相談ください。

   

妊婦さん専用のインフルエンザワクチンというものはありません。

基本的には一般の方と同じですが、保存のために添加されている防腐剤の影響を心配される方には、防腐剤不使用のワクチンをご用意することができます。

保存期間が短いため、ご予約の上お取り寄せになりますので、ご希望の方はお電話でご相談ください。
※ワクチンの価格が一般のワクチンと異なります。ご了承ください。

   

インフルエンザの流行期には妊婦さんは、ワクチンの接種をお勧めします。妊娠初期から出産後授乳期を含め、妊婦さんや授乳婦さんがインフルエンザで体調を崩したり、治療薬を内服することによる影響の方が、リスクが大きいからです。

   

◎構成:当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、川芎(せんきゅう)、蒼朮(そうじゅつ)、沢瀉(たくしゃ)、茯苓(ぶくりょう)

◎適応:寒がりで、冷え性、貧血、浮腫傾向を伴う人の月経不順、不妊症、自律神経失調症、更年期障害、腰痛、常習性頭痛 など

 

出展 JJNブックス 絵でみる和漢診療学 寺澤 捷年 著 

   

◎構成:呉茱萸(としゅゆ)、人参(にんじん)、大棗(たいそう)、生姜(しょうきょう)

◎適応:消化器系が衰えた冷え性の人が、片頭痛、反復性の激しい頭痛 など

 

出展 JJNブックス 絵でみる和漢診療学 寺澤 捷年 著

   

◎構成:桂枝(けいし)、茯苓(ぶくりょう)、芍薬(しゃくやく)、桃仁(とうにん)、牡丹皮(ぼたんぴ)

◎適応:のぼせ感を伴う月経不順、月経困難症などの婦人科系疾患をはじめ、肝炎など炎症性疾患、動脈硬化性疾患など瘀血とみなせる疾患 など

 

出展 JJNブックス 絵でみる和漢診療学 寺澤 捷年 著

   

◎構成:柴胡(さいこ)、山梔子(さんしし)、当帰(とうき)、牡丹皮(ぼたんぴ)、茯苓(ぶくりょう)、(蒼(そう))朮(じゅつ)、甘草(かんぞう)、生姜(しょうきょう)、薄荷(はっか)

◎適応:熱性傾向があり、のぼせ、精神不安を伴う月経困難症、更年期障害、不定愁訴症候群など

 

出展 JJNブックス 絵でみる和漢診療学 寺澤 捷年 著

   

◎構成:葛根(かっこん)、麻黄(まおう)、生姜(しょうきょう)、大棗(たいそう)、桂枝(けいし)、芍薬(しゃくやく)、甘草(かんぞう)

◎適応:風邪などの急性熱性疾患の初期、結膜炎、中耳炎、扁桃炎、乳腺炎などの炎症性疾患の初期に用います。脈力が充実し、首の後ろがこり、自然発汗がないのが特徴

 

出展 JJNブックス 絵でみる和漢診療学 寺澤 捷年 著

   

A:副作用や安全性への懸念があったピルですが、様々な厳しい審査を経て、安全性がかなり高くなっています。低用量ピルは、女性自ら選択できる避妊法であり、パートナーと対等な性の営みを持つことができます。また、ピルを服用するためには、医師の処方が必要で、医師による女性の健康管理が可能となります。そのため、性感染症や子宮・乳がんなどの検査検診が容易に行われ、早期発見・早期治療につながるという利点もあります。
確実に避妊を行うことができ、不妊にならない為の避妊法としては重要な位置づけにあるものだと考えています。

   

A:不妊にならないための避妊として第一に考えなければならないのは、自らの性の健康を主体になって考え見つめることが大切です。産む、産まないを決めるのは自らであり、自身が主体となった避妊法を選択することが重要です。
避妊法はさまざまありますが、女性主体でできる避妊法としては、低用量ピル、子宮内避妊具(IUD)、女性用コンドームなどです。
男性主体とはなりますが、性感染症予防の観点からはコンドームが有効であると考えられます。